自己肯定感が上がる絵本おすすめ6選

子育て・育児

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

いま、絵本はたくさんありますよね。

その中で、

「どんな絵本がいいのか」

「どの絵本が喜んでくれるか」

など、ありすぎる絵本の中から、素敵な絵本を探すのはとても大変ですよね。

今回、この記事では自己肯定感が上がる絵本についてまとめています。

絵本で読み聞かせしながら、たくさんの愛を伝えたい!

そして、親も読んで、改めて子どもの存在が愛おしいものだと再確認できる絵本ばかりです。

だいすきぎゅっぎゅ

この絵本は、ウサギの親子の一日を描いた絵本です。

朝起きてご飯を食べて「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」

絵本を読んだ後も「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」

お母さんと子どもがたくさん「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」しています。

1日の中でたくさん「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」して大好きなことを伝えられる絵本です。

何度も抱っこする場面がありますので、絵本に合わせて一緒にぎゅっとしてみるのもアリ!

また、時間について言葉時計のイラストが描かれている場面があります。

この絵本で時計の読み方や何時になったらこれをするなどの1日の流れがわかり、時間を学ばせることもできますよ。

ちなみに、今回紹介する絵本の中で一番初めに購入したのがこの絵本でした。

英語で描かれているのもありますので、初めての英語の絵本にもおすすめです。

あなたがだいすき

「あなたがだいすき」

「いつでもあなたの味方だよ」

「いつでもあなたを守るよ」

親の愛情を絵本で伝えられる絵本

シンプルに愛情を伝えられるので0歳からでも読みやすいですよ。

絵本の大きさも小さめなので、子どもが手に取りやすいサイズに。

また、可愛くてほんわかした優しいイラストで温かい気持ちになりますよ。

ぜひ手に取ってみてくださいね。

きみのことがだいすき

この絵本は森で暮らしている動物たちのお話です。

その森に「悲しんでいる子」や「落ち込んでいる子」がいて、

その子たちに動物たちが優しいことばをかけ元気づけてくれます。

そのことばが1つ1つが心温まります。

子どもに優しいことばをかけて、心から寄り添ってあげられる愛溢れる絵本です。

いちばんしあわせなおくりもの

森のはずれに住んでいる仲良しのこりすさんとくまさん。

こりすさんはくまさんのことを喜ばせたいと贈りものをしたいのですが、くまくんはいつも同じ答え。

いつも横に一緒にいられるだけでとても幸せだと、改めて考えさせられる絵本です。

「相手に喜んでほしい」という気持ちと「一緒にいてくれるだけでいい」という気持ち、

どちらも素敵な気持ちで、読み終わったらほっこりします。

他にもこりすさんとくまくんシリーズがあり、

「きみにありがとうのおくりもの」

「あなたにあいたい」

もほっこりする絵本です。

おかあさんはね

題名のとおり、お母さん目線で描かれています。

我が子が健やかに成長してもらうことを心から願っている気持ちを表した絵本です。

子どもを持つ親なら、誰もが思うであろう気持ちを言葉にしてくれています。

素敵な絵本なので、プレゼントとしてもおすすめですよ。

あなたのすてきなところはね

この絵本は、この記事で紹介している絵本の中で一番手に取ってほしい絵本です。

「あなたのすてきなところはね」から始まり、いいところがいくつか挙げられます。

あなたにはすてきなところがたくさんあるんだよ!と気づかせてくれる絵本

何よりこの絵本で使われている言葉が心にとても響きます。

日頃それとなく過ごしている日常の中に、あなたのすてきなところがたくさん詰まっていたんだと再確認させられます。

「あなた」の部分を子どもの名前で読み聞かせすると、より真剣に聞いてくれて、より喜んでくれますよ。

この絵本はぜひ読んでみてください!

まとめ

ここまで自己肯定感が上がる絵本をご紹介しました。

我が子に読み聞かせたい絵本はもちろん、ママパパにもグッとくる絵本があります。

いつも怒ってばかりで、何もしてあげられてないなと感じるときもあるかと思います。

そういう時には、これらの絵本を読んで愛情たっぷり注いでみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました