泊まりで行く1歳児子連れディズニーの持ち物リスト!子どもと親と分けて紹介!

ディズニー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

子どもを連れてディズニーへ行くことになったとき

たまみ
たまみ

1泊2日で子連れでディズニーに行くときは何が必要?

あったら便利なものはあるのかな?

と不安になってしまいますよね。

この記事では1泊2日する際に子連れディズニーで持っていくもの、便利だったものを紹介します。

子どもを連れてディズニーへ行く際に参考になれば幸いです。

この記事で分かること
  • 1歳児の持ち物リスト
  • 親の持ち物リスト
  • あったら便利だった持ちもの
  • これがあったらよかったと感じたもの

ちなみに子連れディズニーしたのは

  • 2022年のゴールデンウィーク(子ども1歳6か月)
  • 2023年のゴールデンウィーク(子ども2歳6か月)
  • 2023年の12月(子ども3歳1ヵ月)

のときです。

たまこ
たまこ

子どもが1歳、2歳、3歳のときに子連れディズニーしたよ!

子どもが生まれてからは、毎年GWの時期にはバケーションパッケージを利用してディズニーリゾートを堪能しています。

バケーションパッケージについてはこちらの記事で詳しくまとめています♩

>>ディズニーを思いっきり楽しめるバケーションパッケージについて解説!

1歳児用の持ちものリスト

子どもを連れて行った時の体験をもとに持ちものリストを作成しました。

1歳児の持ちものリストはこちら!

1歳児の荷物リスト
  • おむつセット
  • 着替え・タオル
  • 帽子・日焼け止め
  • ベビーカー
  • 抱っこ紐又はヒップシート
  • おもちゃ・ぬいぐるみ
  • おやつ・ジュース
  • スプーンフォーク等のカトラリー
  • エプロン
  • 日焼け止め
  • 薬・ばんそうこう等
  • 保険証・医療証・母子手帳

おむつセット

おむつは少し多めに1泊2日で20枚程度持っていきました。

正直、20枚なくても全然余裕でした。

たまみ
たまみ

やっぱり多めに持っていかないといけないかな?

たまこ
たまこ

ううん!最小限で良いと思う!

もしおむつが足りなくなったとしても大丈夫!

パーク内(ベビーセンター等)でおむつを購入できます

おむつを購入できる場所はこちら!

たまこ
たまこ

はじめて子連れディズニーしたとき、おむつ買えるなんて知らなかったよ。

たくさん持って行っちゃった(笑)

おしりふきは新品のものを1つ持っていけば足ります。

手拭きがなくてもおしりふきがあれば

「手を拭く」「ちょっと汚れた時に使う」

などのいろいろな場面で活躍してくれますよ!

新品を持っていけば足りなくなることはないので新品をおすすめします!

>>>価格の確認はこちら

着替え・タオル

着替えは

  • 1日目の予備を1着
  • 2日目に着る服を1着
  • 2日目の予備を2着

の計4着を持っていきました。

予備の服は最低でも1日1着はあった方がいいですね。

タオルも何かと使う場面が多いので、最低でも1日1枚準備しておきましょう。

圧縮収納ポーチに入れていくと、かさばる荷物が小さくなるのでおすすめです♩

帽子・日焼け止め

子ども用の帽子は必須アイテムです。

パーク内は意外と日よけになるところがあまりありません。

日に当たり続けていると、体力を消耗しますので帽子を用意しましょう。

たまこ
たまこ

キャップよりもつばが360度すべてについているハット帽がおすすめです!

写真のハット帽はデザインが可愛くて紐も付いており後ろに日よけタレがついています。

夏は保冷剤を入れることもできるのでおすすめ!

冬以外は日焼け止めを持っていくことをおすすめします。

ディズニーパーク内はほとんど外です。

外にいる時間が長いので、塗っておかないと真っ赤になってしまいそうです。

朝一だけでなく、こまめに塗りなおすことをおすすめします!

子ども用の日焼け止めがありますので、そちらを使用するといいですよ。

>>>価格の確認はこちら

ベビーカー

何度か子連れディズニーしていて、ベビーカーは持っていくべきだと感じました。

1歳はまだ長時間歩くことができませんし、お昼寝も必要な子も多いはず。

そのためベビーカーはディズニーを回るのに欠かせないアイテムの1つです。

たまみ
たまみ

ディズニーでベビーカー借りれないの?

たまこ
たまこ

もちろん借りられるよ!

ベビーカーはパーク内で1,000円で貸出しています。

レンタルでもいいですが、どちらかというと持っていくのがおすすめです。

ベビーカーを持っていく方がいい理由
  • 親も子どもも使い慣れているベビーカーが落ち着く
  • 既に装飾品(ドリンクホルダーやフックなど)を付けていて他のベビーカーとの見分けがしやすい

子どもが3歳になっても愛用しているおすすめのベビーカーは、サイベックスのリベルです。

たたむとすごくコンパクトになり、持ち運びがとても楽ですよ♪

>>>価格の確認はこちら

抱っこ紐又はヒップシート

抱っこ紐またはヒップシートは必須アイテムの1つです。

パーク内はとても広く、親も子もたくさん歩きます。

ですが、子どもがたまに歩くのでもなくベビーカーでもなく「抱っこがいい!」ということも多々ありました。

たまこ
たまこ

そんな時に役立ったのが、ヒップシートです!

ヒップシートはちょっとの間抱っこするときに使います。

すぐに抱っこできたり下ろしたりできるので、

  • 立ち見でパレード鑑賞
  • ベビーカーに乗せるほどでもないとき

など、とても重宝するグッズです。

すぐに抱っこでき、すぐに下ろせたりするので、抱っこ紐よりもヒップシートの方がおすすめ!

良かったらこの際に、検討してみてはいかがですか?

ヒップシートについてはこちらの記事でまとめています。

>>>ヒップシートは必要?抱っこ紐との違いはなに?

おもちゃ・ぬいぐるみ

子どものお気に入りのおもちゃがあれば持っていきましょう。

または、パーク内でぬいぐるみなどを買うのもアリ!

待ち時間があるときに、おもちゃやぬいぐるみで時間をつぶせますよ。

おやつ・ジュース

おやつやジュースもいくつか準備していきましょう。

いつも食べたり飲んだりしているものがベターです。

たまこ
たまこ

いつも食べてるもの以外は食べない…なんてこともあるよ。

またはおやつやジュースも待ち時間の時間つぶしになりますよ。

スプーンフォーク等のカトラリー

レストランによっては、子ども用のスプーンフォークがないところもあります。

いつも使っているスプーンフォークを使っていつも通り食事を楽しめました。

いつも使っているカトラリーはこちら。

エプロン

ご飯中は服を汚してしまいがちなのでエプロンは必須アイテムです。

いつも使っているエプロンでもいいですが、おすすめなのは使い捨てのエプロン。

食事の都度洗わなくて済みますし、すぐ捨てられるので衛生的です。

薬・ばんそうこう

子どもはすぐに体調を崩してしまいます。

いつも飲んでいる常備薬は持っていきましょう。

必要最低限の薬とばんそうこうがあれば大丈夫です。

パーク内にも救護室があり、何かあればそちらに行けば看護師が対応してくれます。

保険証・医療証

最悪病院にかかる可能性もありますので、保険証は必ず持参しましょう。

オススメは無印良品の母子手帳ケース。

保険証や医療証はもちろん、すべての診察券やおくすり手帳を入れて手軽に持ち運びできます!

収納もたくさんあるので、めちゃくちゃ使いやすいです!

あると便利な持ちもの

子どもが快適にディズニーを楽しんでもらえるために

「持っていったら便利かも!」と思った持ちものをリストにしてみました。

人によっては必要になるもの、不要そうなもあると思います。

確認してみてくださいね。

あったら便利な持ちものリスト
  • ストローキャップ
  • 羽織るもの
  • レインコート
  • 離乳食
  • レジャーシート

ストローキャップ

ペットボトル用のストローキャップはあると便利です。

100均などで購入できるので、子どもの飲み物用に準備しておくと飲みやすいですよ。

バケーションパッケージで予約すると対象店舗の飲み物が飲み放題のフリードリンク券がついてきます。

子連れディズニーにおすすめなので、よかったらこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

>>バケーションパッケージは子連れディズニーにおすすめ理由

羽織るもの

真夏は不要ですが、それ以外の季節は朝晩冷えるので羽織るものがあったら便利です。

パレード鑑賞の際にも役に立ちますよ。

雨が降ったりしたらより冷えるので、季節によって検討してみてください。

ひざ掛けのようなものがあればOKです。

レインコート

雨が降ったら、傘を差しながら歩かせるのは大変です。

レインコートを着せてあげると傘もささず歩けるので、もし雨になりそうだったら持っていくといいでしょう。

離乳食

レストランによっては子どもが食べれそうなご飯がないことも、、、

そんな時に離乳食を持っていくと安心ですよ。

月齢にもよりますが、まだ1歳児は離乳食のほうが食べやすいと思うので、検討してみてください。

レジャーシート

主にパレード鑑賞時に必要になることが多いです。

パレードを見たい方は必須アイテムになりますが、パレード鑑賞を予定していなければなくても大丈夫ですよ。

親の持ちもの

では次に親の持ちものリストです。

親の持ちものリスト
  • スマホ・充電器
  • チケット類
  • 着替え・化粧品・日焼け止め
  • ハンドタオル・ポケットティッシュ
  • 除菌シート
  • ビニール袋
  • ジッパー付きの袋
  • エコバッグ
  • 晴雨兼用折り畳み傘

スマホ・充電器

スマホと充電器は必須アイテム。

コロナ禍になり、スマホなしでは回れないようになっています。

スマホがないと、

マップも見れない

レストランの予約

ショーなどのエントリー

などもできません。

忘れないようにしましょう。

チケット類

チケットがあれば確実に持っていきましょう。

たまこ
たまこ

ほどんどがアプリになったからチケットはないことが多いかな。

バケーションパッケージでは、パークチケットやアトラクション利用券などがチケットで届きます。

チケット等がある方は忘れないようにしましょう。

着替え・化粧品・日焼け止め

着替えは必要最低限あれば十分です。

もし汚れたりしてもパーク内で洋服が販売されているので心配はいらないですよ。

化粧品・日焼け止めは必須アイテムですね。

ハンドタオル・ポケットティッシュ・除菌シート

こちらも必須アイテムの1つですね。

手を拭いたり口を拭いたりと、よく使用するのでバッグに忘れずに入れておきましょう。

除菌シートではなく、ジェルタイプもおすすめです!

ビニール袋

ビニール袋は意外と役立つアイテムです。

ゴミを入れたり、子供の汚した服を入れたりと、何かと使う場面がありました。

2、3枚あれば大丈夫です。

ジッパー付きの袋

おやつやポップコーンなどの食べかけのものを保管しておくのにピッタリのアイテムです。

持ち運びもしやすいので、ぜひ持っていってください!

エコバッグ

エコバッグは、お土産などで増えてしまった荷物を入れる時に使えます。

1つあれば大丈夫です。

または店舗で可愛いバッグを購入することもできますので、そちらを検討するのもアリ。

おすすめはDEAN&DELUCAのエコバッグ。

使わない時は折りたためてコンパクトになりますよ。

晴雨兼用折り畳み傘

雨が降ってきたときにはもちろん、列に並んでいる際に日よけとして使えます。

パーク内は意外と日差しが強いです。

直接日が当たると体力が奪われるし、夏だと熱中症になりかねませんのでコンパクトな折り畳み傘を持っていくといいですよ。

まとめ:子連れディズニーするときは荷物多めに持っていこう

子連れディズニーに必要なものをまとめました。

子どもがいるので荷物が多くなりがちです。

この中でも

必要なもの

不要なもの

それぞれのご家庭で変わってくると思います。

参考程度にご覧いただければ幸いです。

予想だにしなかったこともあるかと思いますが、子どもも大人も楽しいディズニーを過ごせることを祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

>>バケーションパッケージが子連れディズニーにおすすめな理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました